夢があるかぎり人生に定年はない!生涯現役78歳のチャレンジ!

=いくつになっても夢をもち挑戦する楽しさと素晴らしさを描いていきます =

平成最後の紅葉めぐり。

(ありがとうございます。78歳のひとりごと)

平成最後の紅葉を楽しもうと京阪電車淀屋橋から
京都の鞍馬・貴船を目指して乗車したのですが
途中で気変わりして枚方駅で乗り換え私市へ

行先は何度も行ったことがある「星のブランコ」
関西ではおなじみの吊り橋の名称で周辺には
素晴らしいハイキングコースがいくつもあります

私市駅からハイキングコースを大勢の人に交じって
渓谷沿いの紅葉のトンネルを進みます
紅葉はいまが絶好調?まだまだ楽しめます

人出の多さにもびっくりしましたが
それも外国の言葉が飛び交うほど多くの外国人が
日本の秋を楽しんでいました

「星のブランコ」とは
全長280m、地上から50mの高さの木床式の吊り橋で
私もこれまでかなりの回数を渡っています

最初に渡ったのは15年以上も前だったと思います
途中で恐ろしくて足がすくみ座り込んだものです
二度目でなんとか自力で渡り
三度目で写真を撮る余裕ができ
四度目で初めてW倶楽部のメンバーを引率しました

その時、怖がったのは男性軍で一人だけ渡れず
女性メンバーが平気でどんどん渡って行くのを見て
"ほんまに可愛げがないなあ"と言ってやったもんです

その時にお世話をしてくれたK子さんが
三年前にRガンで亡くなったことを思い出し
渡りながらしんみり・・・元気にしているかなあ

吊り橋まで登る階段を平気!といってどんどん行く
相棒を見て旧東海道の箱根西坂登りも大丈夫と確信
来週にでも決行することにしました

そのテストもかねて登りの急な鞍馬を想定したのですが
星のブランコで十分でした

杖をついて歩くお年寄りにも何人も会いました
普段から歩いているんでしょうがすごいですね
若い女性も多かったです

それぞれ運動を兼ねての紅葉ハイキングなんでしょうが
元気な人たちと一緒に歩いていると
みんな健康仲間の気がして楽しいですね

紅葉のトンネルを歩いているとみんなの顔まで
紅葉してるんです

戻って鏡を覗いたら自分の顔も紅葉していました
それだけ日差しがきつかったのか暖かい一日でした
これで丸ちゃんショックともおさらばです。